読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作と生活

主に映画の感想を書いてます。

3月5日 卒業前夜

海外研修のとき知り合った東京の専門学校に通う友達二人が大阪に遊びに来るというので漫画専攻のグループと一緒に飲みに行った。

ここにいる全員、漫画を描いている。またみんな自分たちの漫画と真剣に向き合っている。

そしてそれは深夜2時くらいまで続いて真剣な話からふざけたことまで色んな話をした。

東京の専門学校の友達二人と別れてからは漫画専攻のグループの一人が一人暮らししてたのでそいつの家まで長い時間かけて歩いて帰った。

もう終電もないし人気がない夜道をマクドのポテトとバーガーを食べながら帰った。

そのとき隣を歩いてたのは一年のときたまたま同じ小説の選択授業取ってたのがきっかけで仲良くなった奴だった。

こいつは自分とは正反対の人間で確実に自分にないものを持ってて喋りも上手かったので少しだけ憧れてる。また自分だけでなく周りからの人望も厚かったので人間性含め少し尊敬している。

普通に喋っていると自分とは笑うタイミングとかウマがあったりして本当に面白い奴。

また人を小馬鹿にする才能が抜群に素晴らしい。多分それも漫画に生かされてるのかもしれない。

そいつ含め身長が高い奴とか島根出身の奴とかヤンキー顔の奴とかホラー漫画描く奴とかとにかく個性溢れる人たちと仲良くなることが出来た。

いつもそのメンバーで授業が終わった放課後、居残ってネームをしたり、くだらないこととか真剣なことも話し合っていた。

その話の8割が下ネタだったような気もするがカップ麺食いながら過ごすその時間は意外と自分にとって思い出である。

体育祭ではアホなパフォーマンスを三年間やりきって最後の年、1位になれたしね笑

今でも入学したての一泊研修のときの場面は思い出せる。

同じ部屋になった同じ漫画専攻の奴らとぎこちない会話を必死にした結果、その後ずっと学校で一緒に過ごすような仲になれていたり。

とにかく今までの自分の学生生活で一番密度が濃かったし、恋愛とか友情、努力含めそこには間違いなく漫画を通して夢を叶えようとする情熱さと真剣さとかが学生生活の中に確実に存在していたし、同じ夢を目指してる人たちと知り合えたのは本当に貴重だった。

ここからが勝負だと思う。

漫画を描くのは孤独の作業でもあるので

尚更、色々なことに勝負しなければいけないなと思う。

そんなことを書いてしまうのは昨日、提出期限ギリギリのネームを描き終えた反動か?

とりあえずこれ担当にネームのOKもらえなければコンペにも出せないし本当にきついのである。とりあえずあとは祈るしかない。

もう一年ずっとネームをやり続けているが今までで一番ネームをやり続けている。

だけどなぜか辞める気にはならない。

それはララランド含め色んな映画に刺激をもらえているから。

漫画と出会っていなければ確実に映画の専門学校行ってたなと思うくらい今は正直、漫画より映画への情熱の方が高いが映画でもらった情熱とかを漫画にもおすそ分けしてる。だから映画より情熱が低くてもそこまで深く考える必要はなく漫画を描くのはそれでも面白い。

また今でも変わらず漫画も映画も愛着持ってます。

ただ作品に対してのレベルが映画のほうが上だと認めざるを得ない。

こんなこと言ったら本当の漫画ファンから憎まれてしまうが仕方ない。

自分でも認めたくないけど映画を観ていくと認めざるを得ない時が確実に来てしまうから。