読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作と生活

主に映画の感想を書いてます。

3月14日

漫画完成しました。つっても、完成したの3月の初めくらいなんだけど。まあ、その漫画はpixivにアップしました。「或る女優」っていうタイトルです。他にも自分のオリジナル漫画を二つアップしてるんで、良かったら読んでくださいね。

http://www.pixiv.net/member.php?id=2272023

これからは自分の作品をネットにアップしていく予定なんで、宜しくお願いします。

今はまた新作の漫画を描いています。これはCOMICリュウの龍神賞に応募する予定ですね。

 

f:id:amenokaede:20130314215803p:plain

『バック・トュ・ザ・フューチャーシリーズ』・・・SF映画の名作。まだ観たことなかったんで、1、2、3、全部、観ました。2と3も良いんですが、やっぱり1が一番、面白いと思います。タイムマシンのストーリーって辻褄合わせるの大変だと思うんですが綺麗に合わせてる。それに構成も上手い。あんなにラストでドキドキしたのは初めてだった。2は1のときのシーンがどんどん出てきて観る人を楽しませてくれる。それに面白いアイテムも出てくる。3は西部に行ってドクと女性が恋をするっていうストーリー。

f:id:amenokaede:20130314220843p:plain

禁じられた遊び』・・・この映画を観たとき、無差別に蟻を殺しまくった小さい頃の自分を思い出した。今、思うと残酷なことなんだけれど、その蟻を殺しまくったおかげで命について学べたんじゃないかなって思ったりする。成長していくと、それが悪いことだって分かるし、罪悪感も感じますしね。そういうことを考えさせてくれる良い映画でした。アカデミー賞名誉賞、ヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞受賞。

f:id:amenokaede:20130314222152p:plain

『PICNIC』・・・岩井俊二監督。サトルが塀の下に落ちたシーン。あれは精神病院の生活(塀の上)に慣れてしまって、いざ普通の生活(塀の下)に戻ってみると、怖く感じるようになってしまった、っていう意味なんでしょうね。音楽が素晴らしくて、この作品の世界観を大きく作り上げている。ベルリン映画祭ベルリン新聞記者会賞受賞。